14時間前に投稿
14時間前に投稿
14時間前に投稿

rfmmsd:

Artist & Sculptor:

Yoshitoshi Kanemaki

"空的時刻 勿忘死亡"

H122 cm x W27 cm x D23 cm

楠木上色

2013

 

(出典: bunkyo-art.co.jp)

14時間前に投稿
14時間前に投稿
Perfumeには、「髪のみじかい子」「ストレートのロング」「いつもかっぽう着の子」の三人がいる
14時間前に投稿

(出典: memewhore)

14時間前に投稿
合コンで29歳の女が「ピンクのスカート履いてったら若い女の子だからって『似合うねえ』って課長がセクハラするの。最低」と言った所、後輩たちが「29歳は若い女の子じゃない」「場違いなスカートを履いて行った事を遠回しに注意したのでは?」彼らの冷静な分析のお陰で合コンが修羅場と化した
14時間前に投稿

 さて堀井氏はいう。一杯のかけそば推進派の人たちは、栗良平がペテン師だとわかった瞬間に、きれいに口をぬぐった。昭和19年に戦争協力を叫んでいた人たちが昭和20年秋にとったのと同じ態度である、と。

 マスコミに大々的に取り上げられたとき、栗良平は『一杯のかけそば』は実話だ、と言い切ってしまったのだが、堀井氏はいう、おそらく作品を作るヒントになった出来事が何かあったんじゃないだろうか。そういうシーンが彼の頭の中に「実際に存在したシーン」として映し出されたんだとおもう。だから実話ですかと聞かれて、そうです、と答えてしまいひっこみがつかなくなったんだろう、と。それはもちろん、質問した側が「あれは実話であって欲しい」と願っていたからだ。目の前の相手が望んでいることを話し、とにかくその気持ちを自分のおもいどおりに動かしたいというのが、ペテン師が望んでるすべてだ。ウソをついているつもりはない(ついているんだけどね)。でも、本人の意識としては、あなたが望んでるからそう言ったまでで、自分が進んでウソを言ったというわけではない、ということになる。

 ワイドショーで好意的に大々的に取り上げられた二週間後、いっせいに栗良平が叩かれだした。堀井氏はいう。あんなせこいペテン師は、叩けばいくらだってほこりが出る。というか、ほこりを全部はたいたら、本人がなくなっちゃうよ、というタイプの人間だ。あちこちで小さく騙していたせこいペテンが次々と明るみに出て、栗良平は、感動の童話作家から、小ずるいペテン師へとなりさがってしまった。そんなの、どっちも本人が持ってる資質で、どっちに光を当てるかだけだろうとおもうんだが、世間はそうは見てくれないのだ。「せこいペテン師にだって、世間を感動させる物語が作れるなんて、それこそいい話じゃないか」と僕はおもったが、誰もそんな擁護はしなかった。世間はあまりペテン師の味方をしないようだ、と。

14時間前に投稿
14時間前に投稿

d0nn0:

the fallen

(出典: d0nn0)

14時間前に投稿
14時間前に投稿
14時間前に投稿
「ヴァンパイアに噛みつかれた者は次々にヤクザ化してしまう」というオリジナルストーリー
14時間前に投稿
castieltherebel:

good thing he’s buying pampers cause he just shat his pants

castieltherebel:

good thing he’s buying pampers cause he just shat his pants

14時間前に投稿

stunningpicture:

This is the first picture I was given of my unborn son